男女

破裂や脳内出血を回避

診断

つながった動脈と静脈

脳動静脈奇形は、脳内の血管における奇形で、この状態で生まれてくる人は約10万人に1人とされています。具体的には脳動静脈奇形の人の脳では、動脈と静脈とが部分的につながっています。この部分はナイダスと呼ばれているのですが、ナイダスには動脈と静脈の両方から血液が流れ込んできます。そのため破裂しやすく、脳動静脈奇形の人の多くが、破裂による脳内出血で命を失っています。したがって脳動静脈奇形が発見された場合には、ナイダスの状態を確認し、破裂の可能性が高い場合には速やかに治療を開始することが肝心とされています。具体的には、ナイダスの入り口となる部分を塞ぎ、血液が流れ込むことを防ぐのです。これにより破裂および脳内出血のリスクは、大幅に低下します。

具体的な治療方法

ナイダスの入り口を塞ぐ治療は、主に2通りの方法でおこなわれています。まずは開頭してナイダスを露出させ、入り口をクリップで留めるという治療です。もうひとつの治療方法は、胴体部分の動脈を切開し、そこから脳内へとカテーテルを通して、ナイダスの手前にコイルを詰めるというものです。さらに昨今ではこれらに加え、放射線でナイダスそのものを縮小させるという治療もおこなわれるようになっています。放射線には、細胞の機能を低下させる力があります。そのためこれをナイダスに照射すると、ナイダスは徐々に血管として機能しなくなっていきます。すると血液が多くは流れ込まなくなり、小さくなっていくのです。クリップやコイルを使った治療と異なり、放射線を頭に浴びせるだけで済むので、この治療は手軽さと安全性から評価されています。

Copyright© 2016 苦しい更年期障害の症状は押さえることが可能 All Rights Reserved.