ウーマン

女性の多くが悩んでいる

ウーマン

無理をしない

一般的に女性が閉経を迎える前後の5年くらいずつ計10年間程度の時期を更年期と呼んでいます。この期間に女性の多くがのぼせやほてり、いらいらや不安など体と心の両方において不調を経験するそうです。これが更年期障害と呼ばれる症状で、女性ホルモンの分泌が低下することによって起こるとされています。また、更年期は生活面でも様々な変化が重なる時期となることが多くなっています。子どもの独立や親の介護など、心身に負担となることが増える場合もあるようです。更年期障害は性格が几帳面でまじめな人ほど悩みやすい傾向があると報告されています。更年期は多くの女性にとってつらい時期となり得ます。そのため、できるだけ無理をしないよう心がけ、つらいときには医療機関を受診するなど、早めに対策をとることで少しでも楽に乗り切ることができるでしょう。

専門の外来もある

更年期障害の症状に悩む女性は増加しています。少し前まで対策がとられなかった症状のひとつでしたが、最近は専門の窓口を設置している病院なども増えているようです。医療機関によっては更年期障害の相談に乗ってくれるカウンセラーがいる場合もあるので、相談しに行ってみるのも良いかもしれません。更年期独特の不調は体だけでなく心理的な面にも表れてしまいます。ちょっとしたことでいらいらしたり落ち込んだり、自分でもどうしようも≪できない状態になってしまうことも少なくありません。その場合はひとりで我慢をせず、誰かに相談したり病院を受診することが大切です。病院では女性ホルモンの補充をする治療法などがありますが、日常生活においては小さな楽しみを見つけるなどといった心理的な余裕を持つことが効果的だと言われています。

脳の検査は定期的に

白衣の人

生活習慣が乱れている人は、30代でも京都で脳ドックを受けるようにしてください。一度に頭部CTやMRI、頭部と頸部のMRA、頸動脈エコーなどをまとめて受けられるので、脳卒中などのリスクを減らすことが出来ます。たとえ異常がなくても、検査後にさまざまなアドバイスをもらえるので申し込むようにしましょう。

詳細

日本人に多い悪性腫瘍

看護師

胆のうがんは女性の高齢者に多い病気で、初期の段階では無症状ですが、エコー検査で早期発見することができます。胆のうがんの治療は手術が基本となりますが、進行段階に応じて化学療法や放射線治療も用いられます。

詳細

破裂や脳内出血を回避

診断

脳動静脈奇形とは、脳内の動脈と静脈とが部分的につながっているという奇形です。つながった部分は破裂しやすいのですが、そこをクリップやコイルで塞ぐという治療を受ければ、破裂やそれによる脳内出血を回避できるようになります。また昨今では、その部分を放射線で縮小させる、安全性の高い治療もおこなわれています。

詳細

Copyright© 2016 苦しい更年期障害の症状は押さえることが可能 All Rights Reserved.